抄録

印刷

Oホール 会議センター3F
会議センター3F

12 (SUN) Afternoon 14:20〜14:50 プログラム
関野 愉
著作一覧
講演
関野 愉
日本歯科大学 生命歯学部 准教授

[PROFILE]

1991年 日本歯科大学新潟生命歯学部卒業
1996年 奥羽大学歯学部歯周病学大学院修了、博士号取得
1999年 スウェーデン、イェテボリ大学歯周病学講座留学
2003年 アメリカ、フォーサイス歯科研究所留学
2005年 イェテボリ大学大学院修了、博士号取得
2006年 東北大学歯学部予防歯科大学院研究生
2007年 日本歯周病学会指導医取得
2011年 日本歯科大学生命歯学部歯周病学講座 准教授
2013年 日本顎咬合学会指導医取得

高齢者における歯周治療

[講演内容]

 歯周病は多くの日本国民が罹患している慢性疾患である。中でもわれわれ歯科医療従事者が日常で診る機会がもっとも多いのが、慢性歯周炎である。この疾患は、通常は成人になってから発症し、年齢が上がるにつれて有病率が高くなる。
 近年、高齢者において、以前と比較して現在歯数が多くなっている一方、歯周ポケットの保有率の増加も報告されている。したがって、高齢者においても歯周炎の予防や治療の需要が今後ますます増えてくると思われる。歯周病の予防や治療においてもっとも重要なのは口腔衛生であるが、要介護高齢者では自身によるブラッシングが困難になっている場合が多い。このような場合、介護士等による日常的な口腔衛生が必要になる。また、特に重度の歯周炎患者である場合には、歯科衛生士などの専門家による介入も重要である。
 本講演では、高齢者の歯周治療を行ううえでの問題点や、現状での対応法について述べていきたい。


MENU

WHAT'S NEW

2017.09.01
「第8回 日本国際歯科大会2018」公式サイトがオープンしました。ぜひ、こちらよりご利用ください。
2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。