抄録

印刷

Eホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Morning 9:30〜10:00 プログラム
MicroDentisty
千 栄寿
講演
千 栄寿
神奈川県開業
Eiju Sen, DDS
Private practice in Kanagawa

[PROFILE]

1991年 神奈川歯科大学歯学部卒業
1994年 せん歯科医院開設
CID-club理事
東京SJCDメンバー
AMED (Academy of Microscope Enhanced Dentistry)メンバー
ITIメンバー

インプラントマイクロサージェリー;手術用顕微鏡を用いたインプラント治療を前提とした上顎洞への取り組み

[講演内容]

 われわれはインプラントに関連する外科処置の限界点を変えるためにインプラントマイクロサージェリー(implant microsurgery)をさまざまな局面において実践してきている。インプラントマイクロサージェリーは従来の手術理論の延長線上にあり、手術理論そのものを変えることではない。ただ単に確実な治癒のためにマイクロスコープを用いて行われる手術アプローチである。拡大は損傷のない軟組織と硬組織の取扱いのために使用され、創傷治癒を高いレベルで促進する。本講演においてはトピックスを絞ってサイナスフロアエレベーションにおけるマイクロサージェリーの優位性をラテラルアプローチ、クレスタルアプローチ、サイナスメンブレンのパーフォレーションへの対処、硬性鏡と併用した上顎洞内のポリープ除去などの手術動画を供覧しながら解説をする。そして、上顎洞増生術の術前診査ガイドライン、CT画像による経過観察、上顎洞の解剖学的観点からの増生術の原理もふまえて私見と考察を加える。


Implant microsurgery; Microscopy for the maxillary sinus approach and implant preparation

[Abstract]

 We practice implant microsurgery in various situations in order to break the limitation of the surgical treatment related to implant. Implant microsurgery stands on the line that extends from the theory of conventional surgery, and it should not be changed the theory itself. Microsurgery is one of surgical approaches that is simply aimed certain healing. Magnification is used for the handling of soft and hard tissue without any damages, resulting with the enhancement of the healing process at the high level. In this presentation, the superiority of microsurgery in sinus floor elevation will be reported by using the operation movies such as lateral approach, crestal approach, deal with perforation of sinus membrane, and removal of polyp in sinus by using the hard mirror. In addition, I would like to give my opinion and consideration about the guideline of pre-surgical examination in sinus floor elevation, follow-up by CT images and the principle of the augmentation from point of view of the anatomical aspects of sinus.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。