抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 16:15〜16:30 プログラム
Japanese Society of Aesthetic Dentistry・WDC Joint Session
Part7
松本晃治
講演
松本晃治
大分県開業

[PROFILE]

1993年 九州歯科大学卒業
1997年 九州歯科大学大学院修了(歯学博士)
1998年 大分市にて開業
日本顎咬合学会(認定医)
日本歯周病学会会員
日本臨床歯周病学会会員
日本審美歯科協会会員

スプリント療法を用いた咬合再構成

[講演内容]

 一口腔単位として口腔疾患を捉える場合、術前の診査・診断はきわめて重要と考える。特に顎位の診断は咬合再構成が必要なのか、局所の治療だけで可能なのかを見極めるうえで欠かせない診査項目である。咬合再構成が必要な症例に対し、顎位を決定する方法としてスプリントは有効な手段であり、プロビジョナルレストレーションによる評価はその後の補綴治療や術後の咬合の安定にも大きく関与する。
 今回、骨格性のⅡ級患者に対し、インプラント治療を施すうえでスプリントによって安定した下顎位を模索し、咬合再構成を行った症例を通じて、顆頭安定位の重要性とその診断基準を考察する。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。