抄録

印刷

Eホール 会議センター5F
会議センター5F

12 (SUN) Afternoon 15:50〜16:20 プログラム
Implant Maintenance Care:Concrete Measures and Recall System
前田潤一郎
著作一覧
講演
前田潤一郎
京都府開業

[PROFILE]

1983年 大阪歯科大学卒
1989年 今出川前田歯科医院開業
現在
大阪歯科大学非常勤講師、京都歯科医療技術専門学校非常勤講師、日本臨床歯周病学会認定医、日本口腔インプラント学会会員、AADC、NGSC代表、SJCD会員、OJ正会員、ITIスタディークラブディレクター

インプラント治療におけるメインテナンスとリコールシステム

[講演内容]

 インプラント治療において、われわれ歯科医師は治療に着手し、補綴が完成した後は一旦手を離れ、その後は歯科衛生士主体のメインテナンスプログラムに移行していく。患者はインプラント治療を開始する前にメインテナンスの重要性を説明され、治療終了後の来院を約束していただくのだが、最初の数回は来院されるが、その後に徐々に来院率が低下していくことを経験する方も多いのではないだろうか。インプラント治療の最終目標は①Esthetic、②Function、③Structure、④Biologyの達成である。しかし経年的に補綴に何らかの変化が出現し、この4項目が崩れていくことを経験することが多い。またインプラント周囲炎の発症も数年経過後に現れてくることが多い。そのような観点からも治療終了後の定期検診で異常の早期発見は必要であり、メインテナンスプログラムの確立、リコール率をあげることは非常に重要である。
 今回はメインテナンス時におけるチェック項目や、当院で行っているリコール率上昇のための施策についてお話したい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。