抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 15:50〜16:20 プログラム
Sinus Floor Elevation ─ Best Alloplastic Materials
堀内克啓
著作一覧
講演
堀内克啓
奈良県開業
Katsuhiro Horiuchi
Private practice in Nara

[PROFILE]

1981年 大阪大学歯学部卒業
1992~1999年 奈良県立医科大学口腔外科学講座助教授
1999年 中谷歯科医院院長
2005年 大阪大学歯学部臨床教授
2007年 長崎大学大学院顎口腔再生外科学講座非常勤講師
2012年 岩手医科大学歯学部補綴・インプラント学講座非常勤講師
日本口腔外科学会(指導医、専門医)日本口腔インプラント学会(指導医、専門医)、日本顎顔面インプラント学会(指導医、専門医)

サイナスフロアエレベーションにおける骨補填材選択のガイドラインと術式のポイント

[講演内容]

 側方アプローチによるサイナスフロアエレベーション(いわゆるサイナスリフト)は、1980年にBoyneによって報告され、従来は腸骨や下顎骨などの自家骨移植が用いられていたが、術後治癒過程が解明されるにつれ、最近では自家骨を用いず、HA、β-TCPなど生体材料やBio-Ossなどの異種移植材のみを填入する方法、あるいは骨補填材を用いない方法が一般化し、口腔外科専門医でない一般開業医にも広く普及した術式となった。しかしながら、知識不足、誤った術式や手技の不慣れに起因したトラブルが多く、単に上顎洞粘膜を剥離し、骨補填材を填塞すればよいだけではない。
 本講演では、600例以上の自験例を基に、サイナスリフト後の骨新生において、どの骨補填材を用いるよりもより重要な術式のポイントを解説し、そして各種骨補填材には長所・短所があるので、残存骨量、種々の上顎洞粘膜穿孔症例、上顎洞炎をともなった症例、トラブルシューティング症例における骨補填材選択のガイドラインにも言及したい。


Selection guideline for bone grafting materials and overview about surgical procedures for maxillary sinus floor elevation

[Abstract]

 Maximally sinus floor elevation with lateral approach was introduced by Dr. Boyne PJ in 1980 (Boyne and James. J Oral Surg 1980; 38(8): 613-616). Autografts such as iliac bone or mandibular bone have been used for the augmentation. Recent studies have reported that alloplasts such as hydroxyapatite and β-tricalciumphosphate, xenografts such as Bio-Oss, and no grafting materials were used for the augmentation without autogenous bone grafts. Hence, the augmentation procedure has been widely used by not only oral surgery specialists but also general practitioners. However, poor knowledge, inadequate surgical procedures and immature surgical skill compromise predictable outcomes.
 This presentation will focus on new bone formation after maxillary sinus augmentation, and give the important information on sinus augmentation procedures based on my own 600 clinical cases. This presentation will also provide the selection guidelines of bone grafting materials according to residual bone height, sinus membrane perforation, maxillary sinusitis and some clinical cases with post-operative problems.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。