抄録

印刷

Fホール 会議センター3F
会議センター3F

12 (SUN) Afternoon 14:00〜14:30 プログラム
Decision Making for Advanced Periodontics
松井徳雄
著作一覧
講演
松井徳雄
東京都

[PROFILE]

1991年 大阪大学歯学部卒業
1991年 医療法人貴和会歯科診療勤務
     小野善弘、中村公雄両氏に師事
現在、医療法人貴和会理事長、銀座ペリオインプラントセンター院長、JIADSペリオコース ペリオ・インプラントアドバンスコース講師、JIADS理事、東京医科歯科大学歯学部非常勤講師、アメリカ歯周病学会(AAP)会員、日本臨床歯周病学会 指導医、認定医、日本歯周病学会会員、Osseointegration of Japan理事

良好な治療結果の永続性を求めて~歯周治療の観点から~

[講演内容]

 歯科治療すべての目標は、できる限り多くの歯を長期的に維持し、機能させることといえる。しかし来院される患者には歯周疾患に罹患している場合が多く、その対応に苦慮することも少なくないのが現状である。歯周疾患は骨が喪失する疾患であるが、その病態は硬組織、軟組織にさまざまな形で現れる。歯周治療の観点からは非外科療法、切除療法、再生療法、歯周形成外科、GBR、Sinus Lift, Implant など数多くの術式を用いて患者の失われた機能、審美の回復およびその治療結果の永続性のために長期的視野に立った治療計画の立案が大切となる。とくに患者の抱える問題が重度であればあるほど、治療に対する「確固としたコンセプト」を持って、情報を正しく分析、評価し、臨床に応用することが求められる。
今回は、歯周治療の観点から良好な治療結果に永続性を得るための必要な考え方を症例を通じて話したい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。