抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F

10 (FRI) Afternoon 14:15〜14:30 プログラム
JIADS 25th Anniversary Commemorative Presentations
大川敏生
講演
大川敏生
兵庫県開業

[PROFILE]

1998年 大阪歯科大学卒業
1999年 (医)おくだ歯科医院(大阪市淀川区)勤務
2011年 兵庫県神戸市にて大川歯科医院開業
JIADS STUDY CLUB OSAKA会員
日本顎咬合学会会員・認定医
日本臨床歯周病学会会員・認定医
日本歯周病学会会員・専門医
AAP会員
OJ会員

歯周環境を考慮した審美修復治療

―補綴物と歯周組織の調和を目指して―

[講演内容]

 近年、審美修復治療は、新しいマテリアルの応用やCAD/CAMシステムの開発によりめまぐるしい進化を遂げている。またこれらを臨床応用することで、天然歯と遜色ない審美修復治療が行えるようになってきている。
 修復治療において、歯周組織に問題がある症例でそれらを解決したのちに修復治療を行うことは周知のことであるが、審美修復治療においてはそれ以外に顔貌や口唇との調和、歯間乳頭の高さやジンジバルレベルの対称性など留意すべき点が多岐にわたる。それゆえ術前の適切な診査診断が大切であり、それが最終的な治療結果を左右する重要な因子であると言っても過言ではない。そして、治療計画に基づき数ある歯周治療の手技から審美の基準条件を満たすアプローチを選択し、歯牙と歯周組織、修復物と歯周組織の調和を図っていくことが、審美修復治療には大切であると考える。
 本講演では、演者が術前診査に用いている審美条件の基準を述べ、JIADSで学んだ歯周治療を含む補綴前処置をどのように活かして審美的、機能的結果を得たかを症例を供覧しながら解説して、諸先生方のご意見を賜りたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。