抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F

10 (FRI) Afternoon 14:45〜15:00 プログラム
JIADS 25th Anniversary Commemorative Presentations
吉野敏明
講演
吉野敏明
神奈川県開業

[PROFILE]

1993年 岡山大学卒業、東京医科歯科大学歯学部歯科保存学
        第二講座
2008年 日本歯周病学会指導医、日本レーザー歯学会優秀
        研究発表賞受賞
2010年 歯学博士取得
2011年 OsseointegrationStudy Club of Japan 最優秀発表賞受賞
2013年 11th International Symposium on Periodontics & Restorative Dentistry Poster session 2nd Award受賞
JIADS講師、新潟大学歯学部非常勤講師、昭和大学兼任講師、ぺリオウェイブ臨床研究会代表、日本歯周病学会歯周病専門医、日本臨床歯周病学会指導医

インプラント周囲炎をエルビウムレーザーで治療する

ー細菌検査に基づく診断とエルビウムレーザーによるチタン表面のデブライドメントー

[講演内容]

 現在、世界規模でインプラント周囲炎が問題となっている。インプラント周囲炎が問題なのは、その症例数が増えているだけではなく、治療がきわめて困難であるからである。フィクスチャーそのものがスレッド状で機械的に汚染物が困難であるのみならず、表面性状がミクロ~ナノレベルでラフであり、このように細かく入組んだ場所の汚染物は通常の接触型の機械的除去では不可能であるからである。
 エルビウムレーザーは、水に対する吸収がきわめて高く、この水の微小爆発によって照射面の汚染物の除去が非接触で行えるレーザーであり、照射面は滅菌とLPSなどのデトックスも期待できる。そして、最新の知見では、照射面に超親水性が付与される可能性も示唆している。
 今回、歯周炎と同様に細菌学的検査を下した後、どのような感染かを診断し、エルビウムレーザーを用いてインプラントの再生治療、すなわち骨の再生とRe-osseointegrationを得られた症例を供覧するとともに、われわれが示してきた最新のエビデンスも紹介する。先生方のご指導ご批判を期待する。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。