抄録

印刷

Kホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Morning 11:10〜11:50 プログラム
Clinical Implant Society of Japan: The 40th Anniversary of Its Founding─Endo, Perio, Bone Augmentation, and Occlusion in Comprehensive Dentistry─
中野喜右人
講演
中野喜右人
兵庫県開業

[PROFILE]

1980年 大阪歯科大学 卒業
1984年 なかの歯科開業

現在、公益社団法人日本口腔インプラント学会専門医・指導医、一般社団法人日本インプラント臨床研究会副会長

インプラント咬合の考え方とその実際

[講演内容]

 最近の歯科治療においては患者の審美的要求には高いものがあるが、その永続性を追求すれば機能的でもある必要がある。そして、そのような理想的な咬合を与えられた歯科再建治療を実現するためには、歯周外科・補綴・インプラント・矯正などが総合的に絡み合った診断・治療計画の基での治療が求められる。
 ところが実際には、補綴においては「臼歯離開咬合」や「犬歯誘導」、矯正においては「個性正常咬合」、歯周病学においては「外傷性咬合」などといった言葉がまず脳裏に浮かぶものの、求める咬合に対してのアプローチが異なり、結果としてつかみ所のないようなものになってしまっていると思われる。
 今回はその中で私が日常臨床で求める具体的な咬合とはどのようなものか、そのためには歯周・補綴・矯正・インプラントなどをどのように絡ませるのか、また実際にどのような基準で診断し治療計画を立てているのかを、臨床症例を呈示しながら検討したい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。