抄録

印刷

Kホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 13:00〜14:10 プログラム
SBC(Surgical Basic Course)Meeting
殿塚量平
座長
殿塚量平
東京都開業

[PROFILE]

1994年 昭和大学歯学部卒業
1994年 昭和大学歯内療法学教室勤務
1998年 東京都大田区上池台に開院
        小野善弘先生、中村公雄先生に師事
2010年 東京都大田区東雪谷に移転

現在、Study club TRUST主宰、AAP会員、AO会員、OJ会員、5D Japan会員
Kホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 15:50〜16:55 プログラム
SBC(Surgical Basic Course)Meeting
殿塚量平
講演
殿塚量平
東京都開業

[PROFILE]

1994年 昭和大学歯学部卒業
1994年 昭和大学歯内療法学教室勤務
1998年 東京都大田区上池台に開院
        小野善弘先生、中村公雄先生に師事
2010年 東京都大田区東雪谷に移転

現在、Study club TRUST主宰、AAP会員、AO会員、OJ会員、5D Japan会員

専門分野間の効果的なコミュニケーション(確認された共通認識)

[講演内容]

 日本の歯科医師は基本的にはGPである。その中で唯一矯正医のみが専門医として患者にも広く認知されている。ここ数年来、渋澤、殿塚で連携し治療を行うなかでいろいろな経験をし、また考えるところもあった。その中でも、われわれがもっとも大切にしている共通認識が、以下に述べる4点である。
 1)顎関節のコンディションをいかに整えるか、具体的には積極的に治療介入するのか、保存的に
   行うかについて。
 2)歯周環境を矯正治療前にどこまで整備しておくかなどについて。
 3)咬合再構成の仕上げを補綴治療、修復治療が介入していく場合に理想とされる歯牙のポジション
   はAngle Class1でいいのか?また、Over Jet、Over Biteをどのように与えるか?
 4)歯(歯牙素材として)は形態、修復物の状態、有髄か無髄かなどについて。
 これらについて、時間の許される限りお話しさせていただき、皆様とディスカッションしたいと思う。


MENU

WHAT'S NEW

2017.09.01
「第8回 日本国際歯科大会2018」公式サイトがオープンしました。ぜひ、こちらよりご利用ください。
2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。