抄録

印刷

Gホール 会議センター3F
会議センター3F

11 (SAT) Afternoon 13:40〜14:10 プログラム
Implant Rescue
寺本昌司
講演
寺本昌司
大阪府開業

[PROFILE]

1987年 大阪歯科大学卒業
1994年 大阪歯科大学大学院歯学研究科(口腔外科学専攻)修了
1995年 大阪歯科大学口腔外科学第1講座講師(非常勤)
2003年 BIOMET 3i インプラントメンター
2005年 寺本デンタルクリニック開設
2006年 行岡医学技術専門学校看護科講師
2009年 K.I.S.S.(Kansai Implant Study Society)設立
2011年 OJ (Osseointegration Study Club of Japan) 理事

口腔内のインプラントシステムの識別

−レスキューのファーストステップ−

[講演内容]

 インプラント治療の普及にともない、他施設でインプラント治療を受けた患者がレスキューを求めて来院する機会は、近年増加していることを実感する。その中には不幸にもインプラント体そのものが予後不良で、撤去を余儀なくされる症例も多い。しかしながら、とくに補綴的なトラブルでは、可能な限り口腔内のインプラントを保存し、再利用して欲しいというのが患者の偽らざる心境であろう。そのような場合、偶然にも口腔内のシステムが使い慣れたものであれば、レスキューすることは比較的容易である。
 一方、見慣れないシステムの場合、パーツの着脱すらままならず、そのシステムが同定できないまま安易に上部構造やアバットメントを破壊的に除去することは、患者のQOLの低下をもたらすことになる。すなわち、口腔内のシステムの識別はインプラントレスキューのファーストステップと言える。本講演では、システム識別のポイントと実際について解説してみたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。