抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


12 (SUN) Afternoon 14:45〜15:15 プログラム
Endodontics:Art & Science
寺内吉継
著作一覧
講演
寺内吉継
神奈川県開業
Yoshitsugu Terauchi
Private practice in Kanagawa

[PROFILE]

1982年 日本大学歯学部卒業
1994年 東京医科歯科大学歯学部歯科保存学第三講座研修医終了
2007年 東京医科歯科大学歯大学院医歯学総合研究科口腔機能再構築学系摂食機能保存学講座歯髄生物学分野(歯髄生物学分野)博士課程卒業
Loma Linda University歯内療法学講座研修、University of Pennsylvania歯内療法学講座研修、University of the Pacific 歯内療法学講座研修
現在、医療法人社団インテリデントCT&米国式根管治療センター理事長、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科口腔機能再構築学系摂食機能保存学講座歯髄生物学分野非常勤講師、日本顕微鏡歯科学会指導医

Retreatment難症例への勘所

[講演内容]

 根管治療は再治療を重ねるたびに貴重な歯質が削られ、穿孔や歯根破折などのリスクが増加する。結果、再治療の難易度は上がり、敬遠されがちになる。
 しかし、再治療を早々に諦め、安易に抜歯してしまっては患者の満足度は上がらないばかりではなく、保存治療の未来もなくなる。われわれ歯科医師は、いつの時代も歯科医療の発展と患者の健康回復にベストを尽くすべきであろう。
 根管治療の失敗には必ず原因がある。この原因がわからない場合や原因の除去が困難な場合に「難症例」となる。したがって、原因を解明して除去することが難症例の解決策である。再治療において難症例化する典型的な原因として、レッジ根管、イスムス内の感染、根管内器具破折、根管の穿孔、感染したガッタパーチャ根管充填材の残存、バイオフィルムの発生などが考えられる。そこで、本講演ではこのような難症例に遭遇した場合の「原因」と効果的な「解決策」を臨床例をとおして30分にまとめて提示したい。


Essentials for the cases hard to retreatment

[Abstract]

 It is a general consensus that the more retreatment is performed on a tooth,the more tooth structure is lost leading to perforation of the canal and root fracture.As a result,the retreatment case becomes more refractory and will often be compromised.
 However,if this is the case,the patient will most likely be disappointed with the outcome.There will be no future of endodontics to retreat difficult cases unless we do something more to both improve the retreatment technique and make our patients happy.
 There is always a reason for a retreatment case to fail.Unless we know what is causing a trouble to the tooth, the tooth won’t heal.Therefore,finding the cause of the retreatment failure is the only way to make it successful,no matter how difficult the case is.The typical causes of retreatment failure include infection in the hard-to-reach area such as isthmuses,lateral canals,and missing canals,perforation,gutta-percha filling materials with biofilm,a broken instrument that hinders cleaning and shaping of the root canal space,root fracture,and extraradicular infection.I would like to illuminate and summarize how to retreat such refractory cases in my 30 minute-presentation.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。