抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


10 (FRI) Afternoon 15:10〜17:00 プログラム
SJCD Session
Interdisciplinary Management of Complex Restorative Treatment
―Evaluation, Diagnosis, Comprehensive Treatment Planning―
土屋賢司
著作一覧
講演
土屋賢司
東京都開業
Kenji Tsuchiya
Private practice in Tokyo

[PROFILE]

1984年 日本大学歯学部卒業
1989年 土屋歯科クリニック開業
2003年 土屋歯科クリニック&WORKS、オーラルケア・エステティック・インプラントセンター設立
SJCDインターナショナル専務理事
東京SJCD前会長・顧問

The clinical landmark in alteration of vertical dimension

[講演内容]

(山﨑長郎先生と共同講演)
 われわれ臨床家の願いは、自身が治療を行った患者の補綴修復物、咬合、歯周組織、インプラントなど、すべてが長期的に安定し、生体と調和し続けることである。しかし、咬合再構成や全顎にわたる治療など複雑な症例になればなるほど、その長期予後を望むことは難しくなる。
 昨今、歯科の日常臨床において、さまざまなオプションを用いて口腔内の改善を図らなければならない症例が増えてきている。それにともない、問題が複雑に絡み合いながら崩壊した症例に対し各科のスペシャリストがそれぞれ知恵をしぼりゴールを目指す、いわば『インターディシプリナリーアプローチ』が必要不可欠になってきた。
 インターディシプリナリーアプローチにより確実かつ長期的な予後を得るためには、術前の状態から原因を抽出し、その改善に向けたトリートメントプランニング、つまり『治療計画の立案』を共有することが大切である。
 この講演では、『治療計画の立案』について、主に咬合高径を変更するにあたっての指標にフォーカスをあて、参加者とともにディスカッションしたいと考えている。


[Abstract]

 We practitioners hope to have long-term stability of our own treatment results of such as the restoration, occlusion and periodontal tissue and their harmonization with systemic health. However, the more complicated the case is, the harder it becomes to get long-term prognosis.
 In these days, the number of complicated cases is increasing that need various treatment options such as occlusal and/ or full mouth reconstruction to improve oral condition. To deal with these situations, so-called “ Inter disciplinary approach” has come to be crucial that some specialists of each discipline work together in cooperation.
 To share the treatment planning among that interdisciplinary team to diminish etiology and improve it is important to secure and to have long- term prognosis.
 In this lecture, I would like to discuss the treatment planning especially focusing on indicators for altering vertical dimension occlusion.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。