抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


10 (FRI) Afternoon 14:30〜15:00 プログラム
SJCD Session
Interdisciplinary Management of Complex Restorative Treatment
―Evaluation, Diagnosis, Comprehensive Treatment Planning―
千葉豊和
講演
千葉豊和
北海道開業
Toyokazu Chiba
Private practice in Hokkaido

[PROFILE]

1989年 東北歯科大学卒業
1993年 奥羽大学大学院卒業
1993年 奥羽大学歯科補綴学第2講座助手
1994年 原宿デンタルオフィス勤務
1997年 千葉歯科クリニック開業 現在に至る
日本補綴歯科学会認定医
SJCDインターナショナル会員
北海道SJCD顧問

天然歯、インプラント修復治療への
デジタルデンティストリーの応用

[講演内容]

 前歯部の審美性を考慮した天然歯ならびにインプラントの修復治療は、生物学的・機能的な側面を加味した上で、成功に導くためのガイドラインの多くが整理されてきた。特にインプラント修復治療は、臨床的安定性が飛躍的に向上し、一定の成功を得ることが可能な治療として定着している。
 さらに、デジタルの歯科への応用は急速に進化し、これまでの治療概念の一端を変化させる勢いである。顔貌や口腔内の診査・診断、口腔内スキャンと連動したインプラント外科手術など、その応用範囲は広がってきている。またこれらの技術は、治療ステップの単純化、短縮化という利点もある。
 この講演では、天然歯・インプラントそれぞれの観点から、審美的成功を得るための要件について、症例を通して解説する。またデジタル技術を応用し、外科的・補綴的観点からどのように考え治療を行うことが最良であるか、考察を加えながら報告する。


Application of digital dentistry for natural tooth and implant restoration

[Abstract]

 Successful treatment guideline for anterior esthetic restoration of natural tooth and implant has been prepared with the consideration of biology and function. Especially implant restoration has been established as a regular therapy that can achieve some success with a leaping clinical stability. 
 Moreover, application of digital dentistry has been improved dramatically and the concept of conventional treatment has been changing. The range of application is becoming wide to face, oral examination and diagnosis, implant surgery operation connecting with intra-oral scan. Also, these technologies have an advantage of simple and short treatment procedure.
 In this presentation I will review the important factors to obtain esthetic success from the of natural tooth and implant points of view. And I would like to discuss how to treat from surgical and restorative points with application of digital technology.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。