抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Morning 11:00〜11:30 プログラム
Implant Overdenture
─Which Attachment Has a High Level of Patient Satisfaction─
田中譲治
著作一覧
講演
田中譲治
千葉県開業
Jyoji Tanaka
Private practice in Chiba

[PROFILE]

1986年 日本大学松戸歯学部卒業
1989年 千葉県柏市にて田中歯科医院開業 現在に至る
2008年 日本大学松戸歯学部 臨床教授
現在
一般社団法人 日本インプラント臨床研究会会長/日本口腔インプラント学会専門医・指導医・代議員/アジア口腔インプラント学会理事/日本磁気歯科学会理事/日本歯科審美学会理事/日本アンチエイジング歯科学会理事/北原学院歯科衛生専門学校非常勤講師/MACS研究会主宰

長寿社会に向けてのインプラントオーバーデンチャー

:磁性アタッチメントを中心に

[講演内容]

 長寿社会を迎えて、インプラントは欠損のある患者にとって咀嚼改善のみならず認知症予防など健康長寿につながる優れた治療といえよう。そこで、その中でも少数のインプラントで高い治療効果のあるインプラントオーバーデンチャーについて磁性アタッチメント使用を中心に述べてみたい。
 磁性アタッチメントは磁力という特殊な維持力のため、把持なしで維持力を発現でき、メール・フィメールが平面であることから、側方有害力を逃がす/埋入方向・位置に許容性が高い/顎堤保全と咬合支持の改善に優れるなど多くの特長がある。そして、長寿社会に向けて維持力の減衰がないので定期的アタッチメント交換や調整が必要ないこと、手の不自由さや要介護を考慮すると取り外しが楽でメインテナンスが容易なこと、認知症にともなう咬傷予防など、優れたアタッチメントと考えられる。加えて、磁性アタッチメント専用ミニインプラントが開発され、さらなる発展を見せている。


Implant retained overdenture with magnetic attachment system in japanese super aged society

[Abstract]

 Japan became super-aged society. Implant therapy may contribute to improving masticatory function for the patients with missing teeth. It is believed that implant therapy may prevent dementia.
The characters of implant supported overdenture with magnetic attachment are as follows,
1) Magnetic attachment may reduce lateral forces with effective retention.
2) Overdenture has a variability of implant position.
3) Overdenture may contribute to preserving residual alveolar ridge and improving occlusal support.
4) Replacement and adjustment of magnetic attachment are not required because retentive forces are not sequentially reduced.
5) Easy cleaning and simple maintenance.
6) Overdenture may prevent dementia patients from occlusal trauma.
7) Mini implants for magnetic attachment are developed.
 This symposium will focus on implant retained overdenture with magnetic attachment.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。