抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 16:30〜16:45 プログラム
Japanese Society of Aesthetic Dentistry・WDC Joint Session
Part7
髙松尚史
講演
髙松尚史
熊本県開業

[PROFILE]

1989年 鹿児島大学歯学部卒業
日本審美歯科協会会員
日本歯科審美学会会員
ICCMO指導医
日本顎咬合学会会員
日本口腔インプラント学会会員
AACD会員

修復治療における機能的側面を考える

[講演内容]

 審美歯科治療を行うにあたっては、単に見た目を良くするだけでなく、機能的にも良好な状態を構築することが望まれる。良好な機能を保持することができなければ、いずれ修復物は崩壊することになる。現在の歯科診療においては、いまだに多くの修復治療が必要である。その際、単純に同じような環境の元に修復治療を行ってよいのであろうか。狭義で考えると一つの歯における咬合状態も重要であるし、大局的にみると、顎運動・下顎位なども重要となる。いずれの場合も、口腔が機能を保持するためには、顎関節・咀嚼筋・歯のそれぞれが調和していなければならない。
 そこで今回、審美歯科治療を支えることとなる機能的側面より下顎運動をとらえ、修復治療を行った症例を呈示したいと思う。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。