抄録

印刷

Aホール アネックスホール
アネックスホール


11 (SAT) Morning 9:00〜10:00 プログラム
Special Presentations
高橋 健
講演
高橋 健
Dental Laboratory Smile Exchange
Ken Takahashi
Dental Laboratory Smile Exchange

[PROFILE]

1995年 東北大学歯学部付属歯科技工士学校卒業
1997年 東京医科歯科大学歯学部付属歯科技工士学校実習科卒業、日高歯科クリニック勤務
2005年 ペルーラAOSHIMAセラミックコース修了
2006年 Dental Laboratory Smile Exchange 開設

「Esthetic Approach in Clinical Dentistry」

―歯科臨床における審美的なアプローチ―

[講演内容]

 修復治療における審美的なアプローチは視覚的な問題への対処であるがゆえに、その成否は非常に単純である。しかし、機能・構造・生体との調和とのバランスを図ることは非常に難しく、ましてや歯科技工士の技術のみで解決しうる問題ではない。
 ここにおいて、歯科技工士も治療計画の立案段階から歯科医師のパートナーとして積極的に歯科医療に参加することでゴールポイントを設定することができ、それによりはじめて戦略的な道筋ができる。患者を含む治療に関わる人間がこの治療計画をしっかりと理解し、基本的な技術をもって対応するだけで、特殊なテクニックやセンスを持ち合わせていなくとも、治療結果を高いレベルで恒常化できると考えている。
 本講演では、歯科技工士としての治療計画立案への参画から、審美修復治療における患者や歯科医師とのコミュニケーション方法、および長期予後からの考察について臨床例を交えて紹介したい。歯科技工士のひとつのスタイルとして、臨床のヒントとなれば幸いである。


Esthetic approach in clinical dentistry

[Abstract]

 Since aesthetic approach in dental prosthesis can be visually evaluated, the success or failure is simply determined. However, keeping the balance with oral function mechanical, structure, and harmony with oral structure is very difficult, which cannot be managed only by the technique of laboratory technicians.
 Therefore, it is possible to set a goal point also by actively participation of a laboratory technician in the dental consultation as the partner of a dentist from the planning stage of a dental treatment plan, and as a result, the strategic route can be found. If only the profound understanding of the treatment plan could be fully understood by those who participated in the treatment including the patient, the result of treatment can be kept at a high level all the time even without using special techniques.
 This presentation introduces a way of participating in setting up a treatment plan as a laboratory technician, how to establish the communication among the patient, dentist and laboratory technician in the aesthetic treatment, and the long-term prognosis through clinical case. It would be happy for the audience to find a clinical hint through today's presentation, showing one way of performance as a dental technician.

[関連書籍]

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。