抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Morning 10:30〜11:00 プログラム
MicroEndo:New Trend
岡口守雄
講演
岡口守雄
東京都開業
Morio Okaguchi
Private practice in Tokyo

[PROFILE]

1976年 明治大学政治経済学部経済学科卒業
1986年 岩手医科大学歯学部卒業
1993年 東京都千代田区にて開業
東京SJCD理事
東京SJCDマイクロスコープインストラクター
JEA日本歯内療法学会関東甲信越支部理事
日本顎咬合学会指導医
カールツァイス公認マイクロスコープインストラクター
AMED(academy of microscope enhanced dentistry)会員

Revolution in endodontic

[講演内容]

 近年のマイクロスコープ、CBCTの普及により、根管治療は飛躍的な進歩を遂げた。CBCTで根管の三次元的形態を把握し、拡大視野下で治療を行うことで、さまざまな根管内の感染源をみることが可能となった。しかし、複雑な解剖学的形態のなかに潜む感染源をどのように除去するかは大きな課題であった。
 そこで、私は明視野下で感染源の除去が可能となる超小型のエキスカベーター(OKマイクロエキスカ)を開発した。OKマイクロエキスカは、拡大視野下で直接感染源を除去することが可能な器具である。原因と思われる感染源を直接掻爬することで、治りにくい感染根管が根管経由で早く確実に治せるようになった。この新しいアプローチは根管治療における大きな技術革新ではないかと考えている。
 今回、私の臨床症例を通し、CBCTとマイクロスコープ、さらにOKマイクロエキスカを用いて、どのように難治症例にアプローチしているか、その方法を紹介したい。


Revolution in endodontic

[Abstract]

 Recent wide spread of microscope and CBCT, root canal treatment has dramatically advanced. Acquiring the three dimensional structure of root canal by CBCT, and use of microscope give us a wide field of visibility, we can see the infected lesions in the canal. However, it is still a big problem how can we eliminate bacterial flora hidden in the anatomically complicated structure.
 I have developed ultra-micro excavator (OK Micro exca) that can eliminate infectious focus under bright field. OK Micro exca is the device that can eliminate bacterial flora under magnified field. To extirpate the suspicious focus with bacterial flora directly, treatment-resistant infection can be cured fast and sure by accessing through root canal. I believe this is the technical revolution in root canal treatment.
 I will introduce treatment-resistant cases cured by utilizing CBCT, microscope and OK Micro exca and explain how I treat those infected canals.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。