抄録

印刷

Bホール アネックスホール
アネックスホール


12 (SUN) Morning 11:00〜12:30 プログラム
Tidemark of CAD/CAM & Implant Technology (Part II)
Jan Schünemann
講演
Jan Schünemann
Germany

[PROFILE]

Educated as dental technician from 1979-1983 in Hamburg, Examination for the grade of master, 1992.
Working as practical technician for one year. Working in commercial laboratories in Bielefeld from 1985-1988.
Self-employed since 1989 in Bielefeld.
Journalist for “Quintessenz der Zahntechnik”, Advisory function, Product development, Marketing concepts, Product photography(Dental, Food, Lifestyle), Presentations.
Foundation of an institution for further education in 1988. National and international lectures. External consultant in Germany, Italy, Poland, Hungary, England, Benelux, Bosnia, USA, Canada, Russia, Sweden, Norway, Denmark, and South Africa.
Numerous publications.

“All on four”の基礎としての総義歯

[講演内容]

 インプラント補綴は成長し続ける分野である。インプラント支持の義歯を用いて治療の患者の利益になる多様な治療を提供し、また歯科市場を活性化する。この分野で使われる材料を用いてデジタルによる解決策をも得た。オールジルコニアという策は異なる観点からも導かれ、結局解決策はインプラントにジルコニアを使うことであるということになる。戦略上どこにインプラントを設置するか。十分な骨量があるところにつねにインプラントが設置されるわけではないということに関してだれも異論はないだろう。われわれは理想的には最終構造物からさかのぼっていく「後ろ向き計画」に言及するが、そのためにはインプラントの埋入場所とその間隔とに注意しなければならない。骨がないところには造成し、歯肉がない部位には移植する。
 計画は一歩一歩、デジタルで進めていく。顔面スキャンも新たなデジタルアプローチとなるだろう。ひとつはっきりしていることは、機械はプログラムする人間と同等の能力しかなく、また使う人の能力を超えることはできない。
 何も新しいことがないとあなたは思うかもしれないが、正しい十分な基礎的な知識がどんどん脇へ追いやられているということだ。
 多くの驚くべき要素に歯のシステムが関与していることがわかっている。筋活動、音声や触感などすべてが確立された解剖学的価値へつながっている。筋肉が咀嚼時にどの方向へ動くか、それが計画にどのように影響するだろうか。もっと簡単に、歯間乳頭の中央からどれくらい離れているか自問する。
 無歯顎へのインプラント治療の解決策は総義歯の基本概念の中に求めることができる。


Dentures ? Basics of all-on-four

[Abstract]

The Implant Prosthetics is an ever growing market. Through the use of implant-supported dentures to diverse forms of therapy for the benefit of our patients and the dental industry to arise. Additionally conquer digital solutions with the materials used in the industry. Allzirconia solutions be driven from different aspects.
The Implant Prosthetics is an ever growing market. Through the use of implant-supported dentures to diverse forms of therapy for the benefit of our patients and the dental industry to arise. Additionally conquer digital solutions with the materials used in the industry. Allzirconia solutions be driven from different aspects.
Thus solutions result from zircon on implants. Where should the implants are strategically placed? We are sure all agree that these items are not always there are where sufficient bone material is to be found. We speak ideally from a“backward planning”, a plan which starts at the end and is gradually being planned back. Then we note sure where and at what intervals the implants to be inserted should be placed. Where no bone is bone should be built where no gums is“padded”.
The plans are step by step, create more and more digital. Meanwhile, the face scan is another digital way.
One thing is clear - the machines are only as good we those who program them and those who serve them then!
Nothing new you think now maybe - true, but I suspect that a sound basic knowledge is more and more displaced to the sidelines.
The dental system involves so many incredible aspects are observed. Muscle activity, phonetics and tactile sensors all belong together in addition to fixed anatomic values. In which directions to move our muscles of mastication and what influence does it have on the planning? Or simply asked, how far away is the labial surface of the headquarters of the center of the papilla Inzisiva away?
Many aspects of complete dentures are the basis for complex solutions on implants in the edentulous patient.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。