抄録

印刷

Bホール アネックスホール
アネックスホール


12 (SUN) Afternoon 13:00〜14:30 プログラム
Special Presentation
Christian Coachman
講演
Christian Coachman
Brasil

[PROFILE]

Dr. Christian Coachman graduated in Dental Technology in 1995 and in Dentistry at the University of Sao Paulo/Brazil in 2002. He is a member of the Brazilian Academy and Society of Esthetic Dentistry and of the American Academy of Esthetic Dentistry (AAED).
Moreover, Dr. Coachman attended the Ceramic Specialization Program at the Ceramoart Training Centre, where he also became an instructor.

In 2004, Dr. Coachman was invited by Dr. Goldstein, Garber, and Salama, of Team Atlanta, to become Head Ceramist of their laboratory, a position he held for over 4 years.

Dr. Coachman has been working with many leading dentists around the world as Dr Van Dooren (Belgium), Gurel (Turkey), Fradeani (Italy), Bichacho (Israel), Ricci (Italy) and Calamita (Brazil).

Currently he is the scientific coordinator of the e-learning website www.identalclub.com and works as a consultant for Dental companies and offices developing products and implementing concepts and has lectured and published internationally in the fields of esthetic dentistry, dental photography, oral rehabilitation, dental ceramics and implants.

DSDの考え方:スマイルデザインコンセプト、チームワークと患者のマネジメントについて

[講演内容]

 真のスマイルデザイナーになるためには、単に歯科医療の技術だけでなく、科学的な背景と良い材料が必要である。スマイルデザイナーは審美的要因を芸術家の目で視角化し、患者の顔と性格に一致させ試行し、すべての審美的要因を調整する。さらにたいせつなのは多様な階層の患者とのコミュニケーションをとり患者を教育し動機づけを行い、患者の期待をコントロールして、より治療結果に対する受容性を高めることである。DSD コンセプトは、このプロセスを現実的で実行可能な方法で行い、歯科医師を成功を収められる優秀な症例管理者に育てることができる。


The DSD concept:Smile design, team work & patient management

[Abstract]

To become a real Smile Designer we need more than just dental technical skills, scientific background and good materials.
An efficient Smile Designer can visualize the esthetic issues with artistic eyes, can integrate the smile with the patient’s face and character, can link all the specialties to develop the ideal plan for the patient, can test drive this plan and make all necessary esthetic adjustments, and most of all can communicate with the patient on a completely different level, educating and motivating them to manage their expectations and increasing the case acceptance.
The goal of the DSD Concept is to enable this process in a very realistic and feasible way transforming the dentist into a better and successful case manager.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。