抄録

印刷

Dホール アネックスホール
アネックスホール

12 (SUN) Afternoon 13:00〜14:00 プログラム
Table Clinic ③
田中昌弘
講演
田中昌弘
LAB QUALITY

[PROFILE]

1985年 鳥栖歯科専門学校(現九州医療専門学校)歯科技工士科卒業
1986年 同校歯科技工士専攻科卒業
1987年 福成歯科医院勤務 横田デンチャー、顎偏位症研究会模型診断コース受講
2003年 Ivoclar Vivadent BPS受講
2004年 早稲田歯科技工トレーングセンター九州校 総義歯インストラクター
2005年 第1回BPS世界コンテストグランプリ
2008年 GLOBAL DENTAL SYSTEM総義歯コース受講、同スタッフ就任
2009年 LAB QUALITY開業
現在、GDS認定歯科技工士・総義歯技工インストラクター、BPS認定ラボ

骨格II・III級の顎関係症例における総義歯人工歯排列を生体に調和させる方法

[講演内容]

 すでに今日まで、GLOBAL DENTAL SYSTEM(以下GDS)では、総義歯臨床における咬合や吸着の概念・理論を確立し、そして実践してきた。
 人工歯排列についても、排列位置や方向、側方運動の角度や距離などマニュアルが存在するが、骨格II級・III級の人工歯排列についてはさまざまな要素を考慮しなければいけないことも多く、歯科技工士それぞれの経験と技量によりGDSを実践し対応している状況である。
 そこで、II級・III級それぞれ同一症例に対して、複数のGDS認定歯科技工士で人工歯排列を行い比較検討した。それらの分析・解析から導き出された骨格II級・III級における基本的な人工歯排列の考え方についてご説明したい。さらに、そこから浮かび上がった問題点を解決する効果的なテクニック等について、GDS技工部会を代表して研究を発表したい。


[関連書籍]

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。