抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 16:10〜16:40 プログラム
Regenerative Dentistry to Preserve Natural Tooth:Its Possibilities and Limitations
浦野 智
著作一覧
講演
浦野 智
大阪府開業
Satoru Urano
Private practice in Osaka

[PROFILE]

1988年 大阪歯科大学卒業
1992年 医療法人貴和会歯科診療所勤務
     小野善弘先生、中村公雄先生に師事
1999年 大阪市北区にて開業
2013年 JIADS(Japan Institute for Advanced Dental Studies)理事長

重度歯周病患者に対する再生療法の適否

[講演内容]

 歯周組織再生療法は、そもそも上皮排除の概念から始まり、サイトカイン療法の発展によりさらにその適応範囲を拡大し、また予知性の高い治療法となってきた。私の日常臨床においても、従来では保存不可能と考えられていた歯も保存することが可能な場合があり、患者の要望により広く応えることができるようになってきたと実感する。
 ところが歯周病学的観点から保存可能であったとしても、術後の長期的な安定、つまり予後の点からみると、「抜歯か? 保存か?」という診断にはさまざまなかつ複雑な要素が加味され、難しい判断を強いられるのも現実である。このような現状から、「予後不良」という診断に基づく抜歯の後、広範囲にインプラントを応用した症例も散見するが、インプラント治療は長期的視点からまだまだ未知の要素も多くあり、絶対的な治療法ではないと考える。
 今回、重度歯周病患者に対して「抜歯か? 保存か?」を判断する際に考慮すべき点について、私見ではあるが述べさせていただき、先生方のご批判を仰ぎたいと思う。


Application of regenerative therapy for severe periodontal disease

[Abstract]

 Periodontal regenerative therapy was originated from the concept of exclusion of epithelial tissue, and progressed to be more predictable along with the development of cytokine therapy with widening the application. In my daily clinical work, I can sometimes preserve the teeth, which once was considered impossible, and that makes me respond to the patient’s requests.
 However, even the teeth can be preserved from the viewpoint of periodontology, there are various unstable factors about the post-operative prognosis that makes us wonder to save or to extract the tooth. This is difficult but is truly our daily clinical work. From these aspects, I think those cases that is treated with multiple Implants after the diagnosis of tooth poor prognosis are not definitive treatment methods.
 In this lecture, I will introduce my viewpoint concerning about the criteria to extract or not for the cases with severe periodontal disease, and hope to discuss this matter with participants.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。