抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 16:40〜17:10 プログラム
Regenerative Dentistry to Preserve Natural Tooth:Its Possibilities and Limitations
牧草一人
著作一覧
講演
牧草一人
京都府開業
Kazuto Makigusa
Private practice in Kyoto

[PROFILE]

1987年 大阪歯科大学卒業
1990年 牧草歯科医院開業
2001年 学位取得(歯学博士、大阪歯科大学解剖学講座) 
2001年 日本歯周病学会認定歯周病専門医取得
2010年 日本歯周病学会認定歯周病指導医取得
2010年 日本歯周病学会指導研修施設認定(牧草歯科医院)
大阪歯科大学解剖学講座講師(非常勤)
大阪歯科大学歯周病学講座所属
JIPI(Japanese Institute of Perio & Implant)主宰
BIOMET 3i グローバルメンター

歯周治療における可能性とその現実的なゴールの設定

[講演内容]

 現代の歯周治療において、再生療法は基礎的研究や臨床応用の時代を経て、今ではその安定した長期的予後が提示される時期を迎えている。また、インプラント治療では、オッセオインテグレーションの成功率を議論する時代からさまざまな骨再生法が開発され、今では適応症の拡大、治癒期間の短縮、審美性の向上などがテーマとなっている。  
 このような時代の変遷を考えると現代の歯科治療ではさまざまな術式が開発され、その効果が実証されている輝かしい時代を迎えているようにも思えるが、ここでわれわれはまた新しい問題に直面している。つまり、歯周組織再生法でもインプラント治療でもどちらでもよい結果が得られるのであれば、いったいどの歯が抜歯になり、どの歯を再生治療すればよいのかを判断する根拠が曖昧になる。
 そこで本講演では、歯周治療における現状に鑑みて、その現実的な到達目標と限界点について、基礎的・臨床的考察を加えてみたいと考える。


Possibilities in periodontal therapy and its practical goal

[Abstract]

 In the history of dental therapy, regenerative therapy is now moved to the era of stable long-term prognosis through the period of basic examination and clinical applications. On the other hand, the themes of implant therapy, based on the period of the discussion of osseousintegration, are now to expand the indication, shorten the period of therapy, and/or how to improve esthetics after the invention of various methods of bone augmentation.
 Considering the historical changes, I may say we are now in fruitful period after the invention of various therapeutic methods and many of which are confirmed effective in clinical site. But we are also facing new challenges. Namely, both periodontal tissue regeneration and Implant therapy can achieve good prognosis, which teeth should be extract and which one should be preserved. We do not have stable decisive evidences for this question and those reasons become obscure
 In this lecture I will present practical goal and limit of periodontal therapy based on the present status of basic and clinical consideration.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。