抄録

印刷

Mホール 会議センター3F
会議センター3F

11 (SAT) Afternoon 14:00〜15:00 プログラム
中川洋一
著作一覧
講演
中川洋一
鶴見大学歯学部附属病院口腔機能診療科

[PROFILE]

1980年 鶴見大学歯学部歯学科卒業
1980年 鶴見大学歯学部付属病院診療科助手(口腔外科)
1981年 鶴見大学歯学部口腔外科学第二講座助手
1988年 鶴見大学歯学部口腔外科学第二講座講師
1990年~1992年 アメリカ、フロリダ大学
2002年11月~ 鶴見大学歯学部附属病院口腔機能診療科(専門外来)
口腔外科学会専門医・指導医
日本歯科薬物療法学会抗菌薬の効果判定基準作成委員会委員長
日本歯科薬物療法学会編集委員会委員長

高齢者と有病者に要注意!
ドライマウス:正しい評価とケアで改善・快適!

[講演内容]

 歯周病、う蝕、欠損歯への対処だけが歯科治療ではない。舌がピリピリする、口の中が何か変、味がおかしい、口臭が気になる、このような症状を訴える患者さんが増えている。そして口が乾く、ネバネバするというドライマウス(口腔乾燥症)の訴えも少なくない。
 ドライマウスは、「唾液分泌の低下」と「唾液蒸発の増加」が原因で起きる。これらの原因としてはシェーグレン症候群、常用薬の副作用、咀嚼筋の衰え、うつ、ストレス、口呼吸などがある。ドライマウスへの対処は、原因の除去に努めることに加え、乾燥への対症療法が欠かせない。また、二次的に生じる粘膜疾患への対処も重要である。
 ドライマウスは、歯科衛生士の積極的な参加と病診連携の強化が不可欠な疾患であり、それぞれのスタッフが知識を共有して対応すれば、患者さんとの良好なコミュニケーション・信頼関係を構築できる。歯周、う蝕、補綴治療をより円滑に行うためにも、ドライマウスの症状を訴える患者さんへの対応を理解しておきたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。