抄録

印刷

Mホール 会議センター3F
会議センター3F

11 (SAT) Afternoon 16:00〜17:00 プログラム
柿木保明
講演
柿木保明
九州歯科大学副学長/九州歯科大学附属病院長/九州歯科大学生体機能学講座老年障害者歯科学分野教授

[PROFILE]

1980年 九州歯科大学卒業
1980年 産業医科大学歯科口腔外科
1981年 国立療養所南福岡病院
1998年 国立療養所南福岡病院歯科医長
2005年 九州歯科大学教授
2013年~ 九州歯科大学副学長、九州歯科大学附属病院長
現在、日本歯科医学会理事の他、日本障害者歯科学会、日本老年歯科医学会等の理事を兼任。専門は障害者歯科学、高齢者歯科学、摂食機能療法学、歯科東洋医学など

舌診を患者さんの情報収集に活かそう!

[講演内容]

 舌は、古来、全身状態の変化が表れやすいことから「全身の鏡」といわれてきた。舌苔の色や形は全身状態と関連して日々変化する。これらを体系的にまとめて、舌の観察から全身状態を判断することを「舌診」と呼ぶ。「舌診」は、東洋医学において、健康と病気の間の状態である“未病”の判断や予防医学的観点から重要視されてきた。
 近年、超高齢社会の到来により、生活習慣病や基礎疾患を有する高齢者や、寝たきりの患者さん、複雑な病因や病態を抱えた患者さんが増加している。また、小児や高齢患者さんは自分の健康状態をうまく表現できない場合も多く、患者さんの家族や医療スタッフなどが気をつけて健康状態を把握し、管理することが重要である。
 舌から得られる所見を体系的にまとめた「舌診」は、日常の歯科臨床や歯科保健指導の他、口腔ケアや健康管理等の現場で、患者さんの健康状態の情報源として利用することができ、超高齢社会においては、有益な技術と知識になると考えられる。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。