抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 13:40〜14:40 プログラム
Sinus Floor Elevation ─ Best Alloplastic Materials
Simon S. Jensen
講演
Simon S. Jensen
Denmark

[PROFILE]

Consultant Oral and Maxillofacial Surgeon at the Dept. of Oral & Maxillofacial Surgery, Copenhagen University Hospital
Simon Storgård Jensen graduated as DDS from the School of Dentistry, University of Copenhagen, Denmark in 1996, and received his certification as specialist in Oral and Maxillofacial Surgery 2004 from the Copenhagen University Hospital. In 2001-2002 he attained a 1-year ITI scholarship at the Dept. of Oral Surgery and Stomatology, School of Dental Medicine, University of Bern, Switzerland and has since then stayed as part-time research fellow at the same department. In 2005 he was appointed consultant oral and maxillofacial surgeon at the Dept. of Oral & Maxillofacial Surgery, Copenhagen University Hospital with the responsibility of the resident training program. Additional scientific merits include serving as vice president in the Danish Association for Oral and Maxillofacial Surgery 2003-2009, education delegate of the Danish ITI Section since it was founded in 2005, and membership of ITI education core group since 2010. Main research focus areas include: Experimental evaluation and clinical performance of bone grafting materials, bone augmentation procedures, bone growth factors and surgical endodontics. The results have been presented in international lectures, books, and several publications in peer reviewed journals.

上顎洞手術:予知性の高い結果のための移植材

[講演内容]

 上顎洞底挙上術用のさまざまな移植材は幅広く研究されてきた。そして多くの移植のプロトコールが研究され論文によって裏付けられたと考えられているかもしれない。これらの移植術は単なるシュナイダー膜の挙上によりできた下部空間に凝血を填入するものから、自家骨ブロック移植で上顎洞を増生するものまで範囲が広がっている。今回の講演では、報告されている臨床上のエビデンスを基にさまざまな骨移植のプロトコールの予知性に焦点を当てる。自己移植材と骨補填代替材料の生物学的特性に基づき、異なる臨床シナリオによる治癒期間が示唆されるだろう。


Sinus surgery : Graft materials for predictable outcomes

[Abstract]

 Different graft materials for sinus floor elevation procedures have been studied extensively and a large series of grafting protocols may be considered well documented. The grafting possibilities ranges from merely elevating the Schneiderian membrane leaving the space created beneath to be filled with coagulum to augmenting the sinus cavity with autogenous bone blocks. The presentation will focus on the predictability of the different grafting protocols based on the available clinical evidence. Healing times for different clinical scenarios will be suggested based on the biologic behaviour of autografts and bone substitute materials.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。