抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 17:10〜17:40 プログラム
Regenerative Dentistry to Preserve Natural Tooth:Its Possibilities and Limitations
水上哲也
著作一覧
講演
水上哲也
福岡県開業
Tetsuya Mizukami
Private practice in Fukuoka

[PROFILE]

1985年 九州大学歯学部卒業
     九州大学歯学部補綴学第一教室
1987年 九州大学歯学部文部教官助手
1989年 西原デンタルクリニック勤務
1992年 福岡県福津市(旧宗像郡)にて開業
2007年 九州大学歯学部臨床教授
日本顎咬合学会会員指導医
日本歯周病学会会員指導医・専門医
近未来オステオインプラント学会指導医
日本審美歯科協会会員
京セラメディカルインストラクター
スタディグループJUC会長
臨床再生歯科研究会九州会員
U38主催

再生療法の可能性と限界

―われわれはどこまで歯を残していくべきか―

[講演内容]

 歯周治療、とりわけ再生療法の手技の確立と予後の向上が天然歯の延命保存に大きく関与する一方で、予知性の観点から早期の抜歯とインプラント適応が行われることは相反する皮肉な現実といえる。そして両者はともすれば無謀な医療につながる反面、多くは患者のQOLに貢献するのも事実である。
 近年に到るまでさまざまな再生療法のマテリアルや手法が提唱されてきた。その中長期的で良好な予後成績も多々報告されており、1つだけの手法を選択適応することはもはや不可能である。年齢、性別、全身疾患などの患者個々の条件に硬軟組織の局所的な条件などが加味されて治療方法が選択されなければならない。そこでは一般的に、確率的にみた手技の選択が行わるが、チャレンジングな治療と予知性を重視した治療はどのように区別するべきかが検討されることは少ない。
 本講演では現在までのさまざまな再生的手法を整理したうえで、保存の限界を試みるべき症例の選択、そして再生療法の手法の選択について論じてみたい。


Regenerative therapy: Its possibility and limit. Do we have to preserve teeth forever?

[Abstract]

 Periodontal therapy, especially recent establishment of technique and better prognosis of regenerative therapy helps retain tooth with longevity. On the contrary, implant placement after earlier tooth extraction is widely adopted from the viewpoint of predictability. This is regrettable but cynical reality. Both may relate to incautious therapy, yet most of them may contribute to patients’ QOL.
 There were so many materials and methods concerning regenerative therapy proposed in these decades. Many of these methods achieved better prognosis in mid-to-long term follow-up, and it is very difficult to choose only one among them. We have to determine the best after we consider various factors concerning general status of patient such as age, gender, presence of systemic complications, and in addition to that localized conditions such as soft and hard tissue of objected site. At that time we used to decide method with higher possibility, but rarely consider how to distinguish challenging therapy from predictability-based therapy.
 In my lecture, I will discuss which cases I try to preserve as long as possible, and the choice of regenerative therapy after showing various regenerative methods in arrangement.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。