抄録

印刷

Aホール アネックスホール
アネックスホール


11 (SAT) Morning 10:00〜11:30 プログラム
Special Presentations
Oliver Brix
講演
Oliver Brix
Innovative Dentaldesign Oliver Brix

[PROFILE]

1985-1989 Dental technician training
Since 1989 Technician in various dental laboratories and dental practices
Specialization: esthetics and function, PFM and all-ceramics, biomechanical occlusal surface design, electroplating technique, implantology
1990-1998 Participation in various continuing education programs at home and abroad
Since 1994 Freelance collaborator in several dental practices in the field of functional and esthetic prostheses.
Since 1993 Various continuing education courses and lectures on a freelance basis
Since 1996: Various publications in international trade journals and magazines
Lectures and courses on esthetics and ceramics at home and abroad
Guest lecturer for Ivoclar Vivadent (on an international basis)
Since 1997 Member of the “Zahntechnischer Arbeitskreis Dusseldorf“ (Dusseldorf study group of dental technicians)
Since 2000 Active member of the “DGAZ" (German association of esthetic dentistry)
March 2001 Author of the textbook “The Fundamentals of Esthetics”
Since 2007 Member of the editorial board of AACD
Since 2009 International training centre
Since 2012 Innovatives Dentaldesign Oliver Brix in Bad Homburg, Germany
March 2013 Author of the textbook “Fascination all ceramics”

審美の可能性を最大化する

[講演内容]

 現在の歯科医学において、いつどのように成功裏に治療を開始するかという問題は未解決のまま残されている。さらに、機能と審美に対する要求を同時に解決する適切な材料は何か。講演では日常の臨床の中で歯科医と歯科技工士が厳格なチーム・コミュニケーションのプロトコールに基づき、各材料の必要とする厚みを考慮しながら、歯の切削量を減少させる方法をお話する。適応症の範囲とe.max Systemの個別対応の利用法について、単独歯修復から全顎のリハビリテーション症例にいたる多くの症例を供覧することで示し、『究極のe.max体験』を提示する。ベニアや無形成ベニアなどのMIの間接法も紹介する。


Maximize your aesthetic potential

[Abstract]

 In today dentistry the question is left when and how to start a successful treatment. Furthermore which material selection is a suitable solution to combine functional and Esthetic demand at the same time. The lecture will present an inside of treatment options in every day procedure following a strict protocol in team communication between dentist and dental technician to economize tooth structure removal according to material requirements. The range of indications and customized utilization of the e.max System will be presented by numerous case reports ranging from single tooth restorations to full mouth rehabilitations, showing the “ Ultimate e.max Experience”. Minimally invasive indirect treatment methods, such as Veneers and Non ? prep Veneers will be introduced, in this Lecture as well.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。