抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Morning 10:20〜11:10 プログラム
Total Solution CAD/CAM
Tommaso Cantoni
講演
Tommaso Cantoni
Italy

[PROFILE]

Dr. Tommaso Cantoni graduated from the University of Milan School of Dentistry in 1990. He then specialized in Prosthodontics at Boston University and received the Certificate of Advanced Graduated Studies in 1993 and the Master of Science in 1995. He is on the scientific committee of the Italian edition of the International Journal of Prosthodontics and on the scientific advisory board of the ISSD (International Society for Digital Dentistry). He is a founder member of the GICC (Gymnasium Interdisciplinare CAD CAM). He is the President of the B.U.I.A. Boston University Italian Alumni. He has been lecturing on the subject of implantology and prosthodontics both nationally and internationally. He is a principal in a private practice with other specialists in Verona (Italy), mainly treating complex cases in a team setting.

ガイデッドサージェリーを用いた抜歯後のCAD/CAM インプラント治療

[講演内容]

 CAD/CAM とデジタル技術の進歩により、歯科医師がインプラント治療の診断と計画を行う際の正確性が大いに向上している。抜歯直後の抜歯窩へのインプラントの即時埋入および即時荷重のプロトコールはこの新しいテクノロジーの利点を活用できる。この講演では個別にデザインしたラジオグラフィックガイドとダブルスキャンを用いて治療する特別な手技を説明する。この方法によって抜歯後に生じる骨吸収を事前に評価し、最終的な審美形態を持ったプロビジョナルブリッジをセットすることができる。


CAD/CAM Implant treatment planning with guided surgery in post-extraction cases

[Abstract]

 The most recent developments in CAD/CAM and digital technologies can assist the clinician in diagnosing and planning the implant treatment with high accuracy. Immediate implants placement in post-extraction sockets and immediate loading protocol can take advantage of those new techniques. The presentation will explain a special methodology to treat those cases using a custom designed radiographic guide and a double scan process. This technique makes it possible to pre-estimate bone resorption following teeth extraction and to deliver a provisional fixed bridge with the final esthetic contour.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。