抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


12 (SUN) Afternoon 15:15〜16:00 プログラム
Endodontics:Art & Science
Gilberto Debelian
講演
Gilberto Debelian
Norway

[PROFILE]

Dr. Gilberto Debelian has received his DMD degree from the University of Sao Paulo, Brasil in 1987.He has completed his specialization in Endodontics from the University of Pennsylvania,School of Dental Medicine,USA in 1991 and received the Louis I. Grossman Postdoctoral Student Award in Endodontics.He has taught as a clinical instructor and associate professor at the post-doctoral endodontic program at the Department of Endodontics,University of Oslo,Norway from 1991 to 2001,and from 2006 to 2010.He has concluded his PhD studies at the University of Oslo,Norway in 1997 on bacteremia and fungemia on patients undergoing endodontic therapy,which gave him two scientific awards from the Europen Society of Endodontology(ESE)and from the Norwegian Dental Association both in 1997.His is an adjunct visiting professor at the post-graduate program in endodontics,University of North Carolina in Chapel Hill, and University of Pennsylvania in Philadelphia,USA.Dr. Debelian maintains a private practice limited to Endodontics in Bekkestua,Norway.

根管内感染をコントロールする機械的インスツルメンテーションの新展開

[講演内容]

 機械的インスツルメンテーションは根管内の細菌コントロールにおいて重要なステップである。正確に行えば、細菌(バイオフィルム)を根管壁から物理的に除去するだけでなく、洗浄と投薬の効果を倍加することができる。今回の講演の目的は根管内感染の予知性あるコントロールを可能にする機械的インスツルメンテーションの新展開について述べることである。新インスツルメント、手順、器具と技術的な必要要件について述べる。
・講演の目的
1 歯内療法に必要な生物学的要件を理解する。
2 根管内感染のコントロールに必要な機械的インスツルメンテーションの役割を理解し、根管内感染除去における洗浄と根管内貼薬の機能を倍加させる。
3 根管内感染を予知性をもって管理するためにインスツルメンテーションの限界と可能性を理解する。


New advances in mechanical instrumentation to control intra canal infection

[Abstract]

 Mechanical instrumentation is a critical step in the microbial control phase of root canal treatment.If performed correctly it will not only physically remove microbes(biofilms)from the canal wall but also facilitate and magnify the effect of irrigants and medications.The objective of this lecture is to present new advances in mechanical instrumentation to predictably control intracanal infection during the instrumentation phase.New instruments, sequences, technologies,devices and the technical needs to achieve this goal will be presented and discussed.
 At conclusion,participants should be able to:
1 Understand the biological requirements for successful endodontics.
2 Understand the role of mechanical instrumentation in controlling intra canal infection and facilitate the effects of irrigation and intracanal medication in disinfecting the root canal.
3 Understand the technological challenges and possibilities in endodontic instruments to predictably remove intra canal infection.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。