抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Afternoon 13:00〜14:15 プログラム
Esthetic Restoration of Natural Teeth in the MI Era:From Laminate Veneer to Crown Bridge
Sillas Duarte
講演
Sillas Duarte
USA

[PROFILE]

Dr. Sillas Duarte, Jr., is associate professor and Chair, Division of Restorative Sciences, Ostrow School of Dentistry University of Southern California, Los Angeles, California. Dr. Duarte is Director of the Advanced Program in Operative Dentistry at USC and the editor-in-chief of Quintessence of Dental Technology (QDT). Dr. Duarte has served on the editorial boards of other journals, and has lectured and performed hands-on courses nationally and internationally on esthetic dentistry and adhesion. He has been involved in teaching cutting-edge clinical techniques and technologies related to aesthetic and adhesive dentistry. Dr. Duarte’s scientific work has been supported by governmental and commercial grants and he serves as a consultant for several manufacturers. His research and clinical work focus on bonding to dental structures, composites, and ceramics.

接着審美の臨床的挑戦

[講演内容]

 修復治療においては、保存的なアプローチを念頭に置き、最小限の侵襲で高い審美性と予知性をもった治療を患者に提供すべきである。本講演では自然感のあるコンポジット修復に欠かすことのできない臨床および材料科学分野の最新の重要事項についても述べる。加えて、独自のデータに基づいた審美治療の術式選択における系統的で科学的なアプローチ、テクニックや新しい材料のデザインとその選択についても述べる。


Clinical Challenges in Adhesive Esthetic Dentistry

[Abstract]

With a conservative approach in mind, the restorative team should be able to provide patients with minimally invasive, highly esthetic, and long-lasting solutions. This program will focus on current key clinical and material science principles as a foundation to create imperceptible composite restorations. In addition, this presentation provides a systematic and scientific approach for selecting esthetic treatment modalities based on original research data with special emphasis on techniques and new materials design and selection.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。