抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


12 (SUN) Morning 10:20〜11:10 プログラム
Joint Session for Dentists and Dental Hygienists: How to Get Cutting Edge Cariology into General Clinical Practice
Kim Ekstrand
講演
Kim Ekstrand
Professor, University of Copenhagen, Denmark

[PROFILE]

Dr Kim Ekstrand is currently Professor at Section of Cariology & Endodontics and Paediatric Dentistry & Clinical Genetics, Department of Odontology, Faculty of Health and Medical Sciences, University of Copenhagen. Dr Ekstrand has started his teaching career at Section of Cariology & Endodontics and has given more than 150 postgraduate education courses for dentists and dental hygienists. At the European Organization for Caries Research (ORCA), he was served as a board member from 2001 to 2004, and was co-president in 2007, when he organized the ORCA meeting in Denmark. Dr Ekstrand has played an extremely important role in establishing the International Caries Detection and Assessment (ICDAS) system, and has been giving the training courses of ICDAS in 7 countries as well as organizing international meetings more than 15 countries. He has published more than 60 peer reviewed papers on pathogenesis of caries, detection and assessment of activity of caries, caries risk assessment and non-operative management of caries on individuals and on groups. He has also given invited lectures in 16 countries.

最新のう蝕治療のマネジメント
隣接面の病変に対するSealingとInfiltration

[講演内容]

 乳歯のう蝕は大臼歯の隣接面に最初に発生するように見えるが、小児期の永久歯ではまず第一、第二大臼歯の咬合面でリスクが高く、後に隣接面で高くなる。
 咬合面う蝕に対しては、伝統的な封鎖方法により何年にも渡ってよい結果が得られている。隣接面う蝕に対しても、SealingとInfiltrationによる画期的な方法で対応できるようになった。
 この講演では、乳歯列と永久歯列における、咬合面および隣接面に対するシーラントとInfiltration法の適応ならびに術式について解説する。また、2つの方法の有効性に関するデータについても論ずる。


Sealing and infiltration of approximal lesions. Why and how management for caries treatment- up to date

[Abstract]

Caries in the primary dentition seems primarily to attack proximal surfaces on molar teeth, while in the permanent dentition caries risk surfaces during childhood is more the occlusal surfaces on permanent first- and second molar teeth and later proximal surfaces. Traditional sealing of occlusal caries lesions has been used with good success in many years, but sealing and infiltration of proximal lesions are two novel methods. The presentation will focus on indications and methods for sealants and infiltration for both occlusal and proximal lesions in both dentitions. Data concerning efficiency of the two methods will be discussed.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。