抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Morning 9:10〜10:10 プログラム
Regenerative Therapy for Implants: Long-term Maintenance
Arndt Happe
講演
Arndt Happe
Germany

[PROFILE]

Graduated from the University of Munster as a Doctor for Dental Medicine in 1994. Started a postgraduate study in Oral Surgery as a resident at the practice for maxillofacial surgery in Munster. He spent 3 years as a resident for Professor Dr. Fouad Khoury at the private Clinic for Implantology and Esthetic Dentistry in Olsberg and graduated for Oral Surgery in 1999. Since 1999 he established a renown Private & Referral Practice in Munster, treating Implant, Perio, Restorative and Esthetic Cases. He obtained an advanced degree in Implantology (2000) and Periodontology (2004) from the German Societies for Implantology and Periodontology respectively. He published several articles including a chapter in the textbook “Bone Augmentation in Oral Implantology”, Quintessence by Prof. Khoury and is a lecturer in several postgraduate programs on implant treatment, esthetics and soft tissue management.
Since 2010 he is a research fellow and external lecturer at the University of Cologne.
Dr. Happe is particulary interested in micro surgery, bone augmentation, soft tissue management, implants and all-ceramic restorations in the esthetic region.

審美領域のインプラント周囲接触面の修復マネージメント

[講演内容]

 インプラント辺縁と修復物野界面に関しては研究が行われているが、これはインプラント修復の長期予後と審美性の長期保持に関与する事項である。インプラント周囲の組織に異なる因子が作用することが報告されている。例えば骨頂の垂直位置やインプラント周囲の軟組織の3次元的位置である。また個々の形態タイプ、インプラント周囲組織の質、修復環境やアバットメントの接続様式を含むそれぞれの特性などである。
 ここでは「審美領域での個々のアバットメントの設計」と「外科的および修復的アプローチでインプラント周囲軟部組織の形状を整える方法」を学ぶことを目標とする。


Managing the peri-implant restorative Interface in the esthetic zone

[Abstract]

The peri-implant restorative interface is a highly relevant subject for scientific research, as it may be the key to longevity of implant restorations and sustainability of implant esthetics.
Different factors have been identified and reported to interact with the
peri-implant tissues, respectively influence the vertical localization of the
crestal bone and the dimension and localization of the peri-implant soft tissues. These are the individual morphotype, the peri-implant tissue quality, the restorative environment, and the property of the including nature of the abutment connection.
Attendees will learn:
o How to design individual abutments in the esthetic zone
o How to shape the peri-implant soft tissue apparatus with surgical .and restorative approaches

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。