抄録

印刷

Aホール アネックスホール
アネックスホール


11 (SAT) Afternoon 15:00〜16:00 プログラム
Dental Technician Catching World Attention, Recommended by
Mr. Yoshida and Mr. Aiba
Sascha Hein
講演
Sascha Hein
Germany

[PROFILE]

Sascha Hein commenced his training in dental technology in the south of Germany where he graduated in 1997. He then subsequently worked in a number of dental laboratories in Germany, Italy, Switzerland, the United Arab Emirates and Australia. In 2001 he completed further studies in dental ceramics under Masahiro Kuwata in Tokyo, Japan. In 2004/05 he attended Master School in Freiburg, Germany where he graduated top of school and state. In 2007 Sascha Hein was inducted into the international Oral Design group by founder Willi Geller. Since 2010 he is also a member of the Bio-Emulation group which enabled him to conduct independent scientific research to better understand the optical properties of natural teeth. He has authored numerous publications and lectures internationally. After ten years in Perth, Western Australia he now lives in the south of Germany again.

Bio-Emulation:科学と審美の融合

[講演内容]

 Bio-Emulationグループは歯科医師および歯科技工士からなる国際的な研究グループである。多くの分野に関心をもっているが、その中でも基礎研究を用いた天然歯の光学的特性を明らかにすることに重点を置いている。直接法と間接法でも修復時の視覚的な色調の一致は、本来複雑なレイヤリングの技術やコンピュータ解析技術に基づくのではなく、むしろ用いられる修復物の光学的特性によるものであった。この分野での最近の科学の進歩によって興味ある洞察が生まれている。これは最新のダイレクトコンポジット材料の開発の過程で、すでにさまざまに考慮されている。対照的に最新の歯科セラミックの開発は、一貫してその機械的特性の進化にのみ目標がおかれている。本講演では天然歯の視覚合成を構成する正確な環境に光を当て、またこれらの知識がわれわれの日常業務にかかわるかについて、多くの臨床症例とともに報告する。


Bio-Emulation: Science meets aesthetics

[Abstract]

The Bio-Emulation group is an international research group which consists of clinicians and technicians. Among many areas of interests, the group also focuses on the quest to decode the optical properties of natural teeth based on scientific research. Optimal visual integration of direct and indirect restorations is not primarily dependant on complicated layering techniques or computer aided technologies, but rather on the optical properties of the restorative materials that are used. Recent scientific progress in this area has produced interesting insights, which have already found consideration during the development of modern direct composite materials. In contrast, the current development of dental ceramics focuses solely on the continuous increase of their mechanical properties. The aim of this presentation is to shed light on the precise circumstances which constitute visual synthesis of natural teeth and how this knowledge relates to our daily work with the help of numerous clinical cases.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。