抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


10 (FRI) Afternoon 13:00〜14:00 プログラム
A Message for the Future Generation.Orthodontic Will Pave Way for the Future Dentistry:What Did Angle Leave His Message the“Angle CL-1”
Kenneth Y. Kai
講演
Kenneth Y. Kai
U.S.A.

[PROFILE]

President Northern California
Edward H. Angle Orthodontic Society

PROFESSIONAL POSITION
International College of Dentists( FICD) 2012-Present Fellow
American College of Dentists 2007-Present Fellow
Edward H. Angle Society 1997 ‐ Present Member
Northern California Component 2013-2015 President
Am. Assoc. of Orthodontists 2006-Present Alternate Delegate HOD
Pacific Coast Society of Orthodontics 1972- Present Member
(AK,WA,OR,CA,ID,AZ,NV,HA,BC,Sas, 2008-2009 President
NW Teritory, Pacfic Rim)

EDUCATIONAL EXPERIENCE
Distraction Osteogenesis 12/11 - 12/13/97
Universidad Central De Venezuela Caracas, Venezuela
Tx of Cleft Lip & Palate Workshop 7/10 - 1/12/97
Univ Western Ontario London,Ontario,Canada
Dental Acupuncture 4/93 - 6/93 Calif. State Certification
Univ. of Calif., S.F. Post Grad

Robert M. Rickett’s TMJ 11/1 - 11/6/91
Scottsdale, AZ

マルチディシプリナリー内での歯科矯正医の役割

[講演内容]

 歯科領域における技術の進歩とマスコミを通じた患者教育によって、患者からの高品質治療に対する期待と要求は高度になってきて、歯科治療は複雑化している。一方、われわれ歯科医療従事者は健康、機能、安定性、審美性などを患者の第一の要求と考え、関心をもっている。人口の高齢化にともなって、口腔の状態は複数の問題を抱えている。多くの症例においてわれわれの目標を達成するためには、歯科矯正医を含むマルチディシプリナリーな治療が必要である。本講演では歯科矯正医がどのように介入し、歯科の多分野との中で相互に関連し働いていくかを説明する。


Orthodontist’s Role in a Multidisciplinary Team

[Abstract]

Because of technological advances in dentistry and the patient education via the mass media, the field of dentistry has become complex compounded by the high expectation and demand from our patients for quality results. Though we in dentistry are concern about health, function, stability, the patients desire esthetics as the primarily outcome result. As the general population gets older, the oral condition has become involved with multiple problems. . In many incidents, multiple disciplines of dentistry are required to meet our goals, including orthodontics. I will explain how an orthodontist can interact and work with multiple fields of dentistry.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。