第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 10:05〜11:05

    歯周治療における臨床診断を考える 〜しっかり病態を把握していますか?〜

    長谷川 嘉昭
    東京都開業
    川崎 律子
    長谷川歯科医院・歯科衛生士

講演内容 Abstract

 歯周病に罹患した患者への診査は、デンタルエックス線とプロービング値だけに頼る旧態依然の方法が決して劣るわけではないが、卒業した30年前と比べると格段に進歩してきている。特に画像検査はCBCT画像診断が主流となり、歯周病原細菌検査や高感度CRP等の臨床検査も簡単に導入できるようになった。歯周基本治療の大切さは今も色褪せることはないが、病態を正しく把握しないと不必要な医療介入もあるかもしれない。そこで本講演では、自院における検査診断システムと、それにともなうチーム医療について症例を通じて紹介する。
  • 別冊歯科衛生士 モチベーションを 上げる15のアドバイス―なんで磨いてくれないの?―
    別冊歯科衛生士 モチベーションを 上げる15のアドバイス―なんで磨いてくれないの?―
    QDI 2014年No.4
    QDI 2014年No.4