第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 10:30〜10:45

    顎位の決定に苦慮した一症例〜咬合再構築に取り組んで〜

    布巻 純治
    山口県開業

講演内容 Abstract

 日々の臨床において、審美性・発音・咀嚼機能などに問題があり、それを主訴に来院される患者は少なくない。その際、主訴を解決するために咬合治療が必要となり、場合によっては「下顎位の再構成」も視野に入れなければならないこともある。その治療方法はさまざまであり、複雑な場合が多い。
 そこで本講演では、上下臼歯部を喪失したにもかかわらず、長期間放置したことにより咀嚼機能障害が悪化した患者に対し、プロビジョナルレストレーション、スプリントを幾度となく調整し、動画などを用いて慎重に経過を観察しながら、咬合治療を行った症例を提示したい。