第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 09:30〜10:00

    歯周組織再生材料をより効果的に応用するためのフラップデザインの検討

    水上 哲也
    福岡県開業 Private Practice in Fukuoka

講演内容 Abstract

 近年、歯周組織再生療法の成果はめざましい。この歯周組織再生療法の予知性を高める要素の1つとしてフラップデザインが挙げられる。フラップデザインはさまざまな切開線の組み合わせにより構成され、その確実な形成が術後の成果を左右する。今回はこのフラップデザインを、1.各コンポーネントの組み合わせの違い、2.コンセプトの違い、3.解剖学的条件の違い、4.使用材料の違い、の4つの「違い」に基づき検討を行いたい。そしてこれらの「違い」を評価し、より適切なデザインを選択する手法について考えてみたい。
  • 基礎から臨床がわかる再生歯科─成功率と効果を高めるためのテクニックとバイオロジー─
    基礎から臨床がわかる再生歯科─成功率と効果を高めるためのテクニックとバイオロジー─
    インプラント歯科における骨再生誘導法の20年 第2版
    インプラント歯科における骨再生誘導法の20年 第2版