第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 10:00〜11:00

    重度の歯周疾患患者における歯周治療の可能性・限界と治療結果

    Giulio Rasperini
    ミラノ大学(イタリア) University of Milan, Italy

講演内容 Abstract

 この数年間で,患者からの審美的要求は,インプラント歯学と同様に歯周病学でもきわめて難易度が高くなっている.加えて,機能的な結果は,現在では審美的成功を獲得するため,とくに前歯部領域で重要である.ここ数年における新規の生物学的概念と材料,そして新しい外科的術式により,患者の要求に応えることが可能となり,重度の歯周疾患に罹患した歯の予後を,予知性のある長期的結果をもたらすことが可能となった.本講演では,科学的根拠に基づいて,異なる臨床的状況におけるディシジョンメイキングを提示し,詳細に術式を述べようと思う.
  • the Quintessence 2018年6月号
    the Quintessence 2018年6月号