第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 13:30〜14:20

    ジルコニアによる接着性ブリッジ:シングルインプラントの代替的治療オプション

    Matthias Kern
    クリスティアン・アルブレヒト大学キール(ドイツ) Christian-Albrechts University at Kiel, Germany

講演内容 Abstract

 セラミックを使用した1本のリテーナー支持によるレジン接着ブリッジ(RBFDP)は、低侵襲な下顎前歯一歯欠損の補綴治療オプションとして20年前に導入された。この補綴方法は審美性に優れ、両隣在歯支持よりも侵襲が少なく、長期的安定結果も報告されている。そのため、現在では臼歯欠損症例へも応用されており、中期的な成功結果をもたらすものと期待されている。
 本講演では、ジルコニアを材料とした1歯支持のレジン接着ブリッジが、シングルインプラント治療において、コストを抑え、予知性の高い治療オプションとなるケースを考察する。
  • High - Strength Ceramics: Inter disciplinary Perspectives(英語版)
    High - Strength Ceramics: Inter disciplinary Perspectives(英語版)
    RBFDPs:Resin- Bonded Fixed Dental Prostheses(英語版)
    RBFDPs:Resin- Bonded Fixed Dental Prostheses(英語版)