第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 14:20〜14:50

    昨今のオールセラミック材料のポテンシャルを探る

    大谷 一紀
    東京都開業 Private Practice in Tokyo

講演内容 Abstract

 現在、歯科では多くの分野で治療の低侵襲が叫ばれており、これは本セッションのテーマのごとく補綴治療も例外ではない。そしてこれを可能にしたのが近年の接着材料やオールセラミック歯冠修復材料の進化であり、これらはまた、以前であれば相反した審美性と侵襲性の両立をも可能にした。
 本講演では、昨今話題のフルジルコニア材料を中心に、オールセラミック歯冠材料のポテンシャルを最大限まで引き出した治療オプションを紹介し、その治療の実際を解説してみたい。
  • the Quintessence 2016年5月号
    the Quintessence 2016年5月号
    Quintessence of Dental Technology 2017(英語版)
    Quintessence of Dental Technology 2017(英語版)