第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 10:30〜11:00

    OSASの多様性と歯科医療の役割

    馬場 一美
    昭和大学 Showa University

講演内容 Abstract

 OSASは睡眠の質の低下、日中傾眠、作業効率の低下等の臨床症状のみならず、高血圧、脳血管疾患、心筋梗塞等のリスク因子である。OSASに対する標準的治療法は長らくCPAPであったが、多様な表現型を呈するOSASに対して画一的治療を行っても合理的な治療効果は期待できない。歯科的対応、生活習慣も含めて当該患者に最適な治療の選択(個別化医療)が不可欠であることは言うまでもない。
 講演では歯科的背景も含めたOSASの多様性について解説し、口腔内装置を中心とした歯科的アプローチの担う役割について考察する。
  • 別冊ザ・クインテッセンス 外来・訪問診療のためのデンタル・メディカルの接点―見逃さないオーラルフレイル 明日から役立つ口腔ケア デンタルがメディカルにもたらすメリット―
    別冊ザ・クインテッセンス 外来・訪問診療のためのデンタル・メディカルの接点―見逃さないオーラルフレイル 明日から役立つ口腔ケア デンタルがメディカルにもたらすメリット―
    パーシャルデンチャー治療失敗回避のためのポイント47-診断・前処置・印象・設計・応急修理と術後管理の問題解決法-
    パーシャルデンチャー治療失敗回避のためのポイント47-診断・前処置・印象・設計・応急修理と術後管理の問題解決法-