第8回 日本国際歯科大会2018

ENGLISH

検索 Search

ホール:

講演詳細Lecure Information

  • 09:30〜10:10

    デジタル・ワークフロー ~困難なリハビリテーション症例に対する予知性の高い解決法~

    Petra Gierthmühlen
    ハインリッヒ・ハイネ大学(ドイツ) Heinrich-Heine University(Germany)

講演内容 Abstract

 高度に崩壊した歯列を審美的にフルマウスリハビリテーションすることは、歯科医師と歯科技工士双方にとって大きなチャレンジを意味する。それゆえ、このような困難なケースを最終的に成功へ導くための予知性を改善するワークフローが必要である。CAD/CAMの材料とシステムにおける進歩、デジタルによる修復物の計画と製作は高度に崩壊した歯列に対する革新的な治療概念を進歩させることができる。デジタルフェイススキャンと新しい種類のCAD/CAMシステムは標準化された製作過程を提供し、その結果困難なリハビリテーション症例に対して、信頼性が高く予知性がありかつ経済的なワークフローが可能となる。本講演では、一連の症例およびCAD/CAM材料とデジタル修復技術の臨床的な成功に関連する科学的エビデンスを提示する。