デンタルアドクロニクル 2020
45/172

が つくる “ これから ”圧力で研磨しないと、CRはきれいにならないですね。須崎●それはすごく実感していて、速ければきれいになるというイメージをおもちのドクターがいるのですが「急がば回れ」で、とにかく指示された方法を守ることが大事ですね。とくに機能を主体に考えるCR充填では、研磨が重要と思います。行田●レジンに関しては発熱がすごく大きな問題となります。ハイスピードでは熱でレジンが溶けてしまうので、回転数を上げればよいという感覚は非常に危険ですね。デンチャーの研磨も一緒で、フィラーも絡むので余計に気をつけないといけないと思います。茂久田●デンチャー研磨の優れもの「アクリル マーベル」(DVA社)を、のちほどご紹介いたしますね!スピードを 高めるおすすめの 優れもの佐藤●研磨に続いて、除去や形成などで使用する、おすすめの器材があれば、お願いします。Nd:YAGレーザーで 焼いてジルコニアは サッと 除去須崎●ZRを除去する時、「ダイヤモンドバーを何本も使うくらいの覚悟が必要」と教わることも少なくないと思いますが、実はNd:YAGレーザーが有用です。写真(図7)は破折で除去しなければならなかったモノリシックのZRを除去した症例です。このケースでは、まずNd:YAGレーザーでカットし、その後ダイヤモンドバーを使用しています。本当にカンタンに切れます。行田●非常に楽ですよね。須崎●ただし、Nd:YAG以外のレーザーではできないですし、モノリシックでないとできません。ZRは熱伝導率が低いので、生活歯の除去でも安心で、長い時間をかけてダイヤモンドバーで削るよりは、最初にNd:YAGレーザーでカットし、ダイヤモンドバーで削って、もう1回レーザーを使用し、最後にダイヤモンドバーで削る方法が本当に効率的です。ほかのレーザーがなぜ効かないのかは、伴先生、フォローいただけますでしょうか。伴●この方法を発想した元々のきっかけは、ある技工士さんが、技工用のNd:YAGレーザーをもっていて、ロウ付けできないかとやってみたところ、真っ黒に焼けて、ボロボロになりました。その原因を調べた経験があったので、それを応用したものです。Nd:YAGはちょうどZRに吸収さabced図6 「コンポ ハリケーン」 (ホリコ社)を 用いた CR充填の 研磨。a:充填前。 b:中研磨(ピンク)。c:最終研磨(ホワイト)。  d:研磨直後。 e:1か月後。図7 Nd:YAGレーザーを用いた モノリシックZRの 臼歯部ブリッジを 除去した症例。a:除去前。 b:Nd:YAGレーザー照射後。 c:除去後。acb43

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る