Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

侵襲性歯周炎

【読み】:しんしゅうせいししゅうえん
【英語】:aggressive periodontitis
【書籍】: Quintessence DENTAL Implantology 2017年 No.3
【ページ】:30

キーワード解説:

 侵襲性歯周炎には、全顎的に症状が出る広汎型と、前歯と第一大臼歯にのみ垂直性骨吸収が見られる限局型がある。どちらもプラークは少なく、炎症も乏しいが、深いポケットと重度の骨吸収が特徴的である。慢性歯周炎と比較すると、急速な歯周組織の破壊や家族内集積性が顕著に認められ、10~30代で発症することが多い。
 侵襲性歯周炎患者へのインプラント治療は禁忌ではないが、インプラント周囲粘膜炎・周囲炎に罹患するリスクが非常に高いので、より慎重なアプローチが必要とされる。