Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

ミラー撮影

【読み】:みらーさつえい
【英語】:shooting with mirror
【書籍】: 歯科衛生士 2018年2月号
【ページ】:28

キーワード解説:

 ミラー撮影とは、口腔内規格写真撮影の手法の1つで、正面からは直接正しいアングルで撮影できない部位の被写体(歯や歯肉)を専用のミラーを使って撮影するもの。主に、側方面観、咬合面観、臼歯部・前歯部口蓋側(舌側)面観の撮影で用いられる。
 短時間で規格写真を撮影するためには、ミラーを手早く正確に位置付けることが必須だが、それが不十分な場合、実際の被写体が写り込む、写したい像に対して正面からカメラを向けられず、斜めから撮影せざるをえない、といったエラーが発生しやすい。そこで、ミラー撮影のポイントとして、(1)ミラー後縁を歯列からできるだけ離す、(2)歯列とミラーの角度をできるだけ大きくする、の2点が挙げられる。これらのポイントは、どの部位を撮影する場合でもほとんど同じように応用できる。