Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

ウォッシャーディスインフェクター

【読み】:うぉっしゃーでぃすいんふぇくたー
【英語】:washer disinfector
【書籍】: 歯科医師・歯科衛生士のための滅菌・消毒・洗浄・バリアテクニック
【ページ】:31

キーワード解説:

 セミクリティカルに適応する器具は、消毒後に消毒薬を洗浄しなければならないことから、近年ではウォッシャーディスインフェクター(WD)を使用する医療機関が増えている。ウォッシャーディスインフェクターとは、高温の水流で一定時間器具を洗浄する機械で、B型肝炎ウイルスを不活化できるAo値3,000を超える機種もあり、中水準レベル以上の消毒効果を期待できる。ただし、ウォッシャーディスインフェクターは、処理したい器具に熱水が適切にかかることが必須であるため、庫内での器具の配置・重なりなどに注意する。また、器具に付着した固形物(セメント、レジンなど)を除去したうえで、ウォッシャーディスインフェクター処理をする。