Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

ワイヤーベンディング

【読み】:わいやーべんでぃんぐ
【英語】:wire bending
【書籍】: 必ず上達 矯正臨床
【ページ】:65

キーワード解説:

 歯科矯正治療において、術者がワイヤーを屈曲させること。昨今では、ストレートワイヤーテクニックやブラケットの進化により、ワイヤーベンディングを行う機会も減少しつつある。しかし、症例によっては、ループなどを使用したほうが効率が良かったり、微妙なコントロールができる場合も多い。また、あらかじめブラケットにトルクやアンギュレーションが入っているものは、あくまでも平均的な値によりデザインされたものであり、細かいコントロールが必要な場合もある。そのような症例では、ある程度のワイヤーベンディングができるほうが有利である。