Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

キーワード

twin-stage procedure

【読み】:ついんすてーじぷろしーじゃー
【英語】:twin-stage procedure
【書籍】: ザ・クインテッセンス 2019年 4月号
【ページ】:55

キーワード解説:

 Hoboが提唱した、顆路を測定することなしに、非常に単純な方法で標準的な臼歯離開量を付与する方法。具体的には、上顎前歯部模型を可撤式模型として製作し、最初に上顎前歯部を取り外して、咬合器の顆路角を矢状顆路角25°、側方顆路角15°、切歯指導板を矢状切歯路角25°、側方切歯路角10°に設定し、臼歯部にバランスドオクルージョンを与える。つぎに、上顎前歯部を咬合器に戻し、咬合器の顆路角を矢状顆路角40°、側方顆路角15°、切歯指導板を矢状切歯路角45°、側方切歯路角20°に設定し、アンテリアガイダンスを確立し、臼歯部をディスクルージョンさせる。本法は、ナソロジーにおいて顆路が成人になってからは変化しないこと、およびアンテリアガイダンスの決定が歯科医師の裁量に委ねられているという理論に基づいている。