Quint Dental Gate 歯科のコミュニケーションサイト

文字サイズ
標準
特大

トピックス


2018年11月18日

デンツプライシロナサミット開催

「Inspiration Talks for Implant Dentistry」をテーマに

 さる11月18日(日)、赤坂インターシティコンファレンス(東京都)において、デンツプライシロナサミット(デンツプライシロナ株式会社主催)が「Inspiration Talks for Implant Dentistry」をテーマに200名以上の参加者を集め開催された。

 北本優子氏(デンツプライシロナ株式会社代表取締役社長)による挨拶の後、本会のモデレーターを務める高橋 哲氏(東北大)がオープニングアドレスに登壇し、インプラント製品・技術の進化を解説するとともに超高齢社会における課題などについて述べた。

 最初の演者である堀内克啓氏(奈良県開業)は「インプラント外科を失敗しないための基礎知識と術式のポイント―Surgery must be based on Science―」と題して、切開、剥離、縫合などの基礎的な術式のポイントと、骨増生について解説した。

 続いて佐藤洋司氏(秋田県開業)が「Soft tissue management for dental implant」と題して登壇。手術回数、治療期間、患者への侵襲をできるだけ少なくし、なおかつ審美的にも満足のいく結果を得るための治療戦略について症例を通じて解説した。

 夏堀礼二氏(青森県開業)は「デジタルインプラントデンティストリーにおける口腔内スキャナーの活用法」と題して、口腔内スキャナーの臨床応用例を紹介するとともに、現在のスキャナーにおける問題点と解決法などについて述べた。

 最後に寺西邦彦氏(東京都開業)は「長期安定を考えた最適な配置とソリューションの選択―低侵襲治療を考察する―」と題して、インプラント体の進化とともに寺西氏のインプラント臨床の変遷について述べた。

 本会においては経験豊富な演者たちによって、インプラント治療におけるさまざまなステージにおける勘所が紹介された。参加者は明日からの臨床におけるヒントを得られたと思われる。